きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キハギ ~クリーム色と紅紫の花

大平山(嵐山町)散歩からです。山頂に向かう狭い坂道で、紫色の混じった蝶形花の花を見ました。初めてです。調べたところキハギだと思います。〈散歩日:7月24日〉

キハギ(木萩)は、マメ科ハギ属の落葉低木です。本州~九州に分布し、山地や丘陵地の林縁、崖地など(日当たりの良い山野)に生えます。名前の由来は、木のような丈夫な幹を持つハギということから、名付けられたようです。花期は6~9月。

〔Webで確認した特徴〕
・樹高は1~3メートル。樹皮は灰褐色で、浅く縦裂する。枝には微毛が密生する
葉は3出複葉で、2列互生する (他のハギは茎の周りにらせん状につく)
・小葉は長さ2~4センチの長卵形~長楕円形、先は尖り、柄がある
・葉腋から長さ2~7センチの総状花序を出す。花は長さ約1センチで淡黄白色の蝶形花。翼弁が紫紅色を帯び、旗弁の中央部分にも紅紫の筋がでる

1.坂道の脇で見た樹は高さが60センチほどです。枝先に花が咲いていなければスルーしていたかもしれません。よく見ると、細い幹はちゃんと木質でした
きれぎれの風彩 「キハギ」1-1


2.花は2色からなり、私にとっては珍しいと思わせるものでした。クリーム色がベースで紅紫がはいります(紫紅色という記載が多いのですが・・・色の形容は難しい)
3.もっと高さがあり斜面に生えているのも見つけました。花はこれからが盛期
4~5.葉は並列して互生するので面的な展開です。先の方でよく分枝します
6.小葉は中央の脈がくぼみ、全縁です (4のトリミングなのでイマイチ・・・)
「2」「3」「4」「5」「6」
「キハギ ~クリーム色と紅紫の花」


見かけたのはそれほど大きい株ではありませんでしたが、調べていると幹は直径5~6センチほどになるとの記載もありました。

果実は10月に淡褐色に熟し、豆果の長さは約1.5センチ。他のハギ類より大きいそうです。秋にも機会があれば。
スポンサーサイト

| 落葉低木 | 22:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

キハギが咲き始めましたか。当方では8月下旬だと思いますが、そろそろ見に行って見ましょう。そう言えば、ヤマハギとキハギの果実の大きさを比べたことがありませんでした。自分の撮った写真は別々なので大きさの比較ができず、同じように見えました。

| 多摩NTの住人 | 2016/08/09 08:04 | URL | ≫ EDIT

最近、キハギに出会っていません。
ヤマハギにはよく出会います。
盆花としてお墓に供えました。

| 山小屋 | 2016/08/10 06:49 | URL | ≫ EDIT

クリーム色がベースで紅紫がはいる…、そういうハギの仲間は初めて見ました。
色がはっきり違うのなら、わかりやすくていい。
似たようなのが多くて、判別できずに困っております。

| ディック | 2016/08/11 19:56 | URL | ≫ EDIT

多摩NTさん こんばんは

この時は花も少なく感じましたので、これからが見ごろなのでしょうね。
ヤマハギというのを未だ認識していないです。ハギ属は種類が多いのですよね~。これから徐々に見ていきたいと思います。

| 山ぼうし | 2016/08/15 17:41 | URL |

山小屋さん こんばんは

ヤマハギはよく見られるのでしょうかね。今、実家にきていますが、ハギの仲間をちらっと見ました。あれかな~?

| 山ぼうし | 2016/08/15 17:42 | URL |

ディックさん こんばんは

こんな色の花があるんだな~と目を留めました。確かに分かりやすいですね。ただ、私はハギの仲間をほとんど知りません。難しそうで避けていた感じもあります。今後の課題です~。

| 山ぼうし | 2016/08/15 17:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/851-98b23934

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT