きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒルザキツキミソウ ~淡桃色の花と十字雌蕊

大平山(嵐山町)の駐車場近くの草地に、淡いピンク色の花をつけている草本が目に留まりました。どこかで見たような気がしますが、調べるのは初めてです。これはヒルザキツキミソウだと思われます。〈散歩日:7月24日〉

ヒルザキツキミソウ(昼咲月見草)は、アカバナ科マツヨイグサ属の多年草です。北アメリカ原産で大正時代に観賞用として渡来した外来種。各地で半野生化しているようです。名前は日中に咲くツキミソウ(宵から咲くマツヨイグサの別名。もしくは白花を咲かす種名)ということから名付けられました。花期は5~7月。

〔Webで確認した特徴〕
・草丈は30~60センチほど。果実はさく果だが、日本では結実しない(こともない※)
花は白色または淡桃色で径約5センチほど。花弁は4枚で基部は筒状になり黄色を帯びる。その筒のなかから伸びる雌しべは先端が十字型
・葉は互生し、長さ5センチほどの披針形で浅い鋸歯あり。下部では羽状に浅裂する

1.似たような丈の草本のなかで、淡いピンク色が目立ちました。草地ですが、耕作放棄地だと思われます。柔らかい土でした
きれぎれの風彩 「ヒルザキツキミソウ」1-1


2~4.花弁の脈(筋)がクッキリしています。先端が十字になる雌しべは同属の特徴のようです。ラインの入る細長い萼も特徴的です。萎むと淡紅色に
5.蕾はやや下を向きますが、開花すると上向きです
6.葉の様子です。前月取り上げたコマツヨイグサに少し似ていると思いました
「2」「3」「4」「5」「6」
「ヒルザキツキミソウ ~淡桃色の花と十字雌蕊」

似ているような花を見たことがあると思ったのは、同属のユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)でした。花弁の脈など雰囲気が似ていますが、花のサイズは本種の方が倍以上大きいです。

※結実し雨滴散布するとの情報を多摩NT様から頂きました。ありがとうございます。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 09:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

ヒルザキツキミソウはあちらこちらに拡がっていますね。とても可愛い花です。ネットでは「結実しない」という記述を見ますが、実際に種子が“雨滴散布”でこぼれ落ちる“現場”を見ています。花後のラグビーボールのような小さな果実(晴れた日ですが)に、水を掛けてみて下さい。5分後には、果実が開いて、中の小さな種子が見えるはずです。雨の日ならば、そんなことをしなくても果実が開いています。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/33/61/8bf1c4a93a8e88e9118aafbcdde3d061.jpg
アカバナユウゲショウも同じ雨滴散布の方法で種子をこぼします。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6e/d0/3aab4aa137ea32b8f3c90c30ed8e6c37.jpg

| 多摩NTの住人 | 2016/08/17 10:58 | URL | ≫ EDIT

多摩NTさん こんにちは

情報をありがとうございます。急ぎ追記しました。感謝です~。
改めて検索してみると、有名な図鑑でも結実の記載は無いようですね。何故でしょう、不思議です。いつか雨滴散布の様子を見たいと思います。

| 山ぼうし | 2016/08/17 15:04 | URL |

見たことあります。

こんばんは。

地理佐渡やっと再開しました。
佐渡に二日。子どもたち家族が帰省で
合計三日間。休みでしたけど、
慌ただしい日々でした。

さて、ヒルザキツキミソウ。
見たことあります。栽培種ですよね。
人の家の庭で見ています。

| 地理佐渡.. | 2016/08/18 19:05 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん こんばんは

お疲れ様です~。慌ただしい=充実でしょうかね。
本種がまとまって咲いていたらきれいでしょうね。

| 山ぼうし | 2016/08/23 21:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/853-8bbd5ba8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT