きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

常緑ヤマボウシ ~ホンコンエンシス

知りませんでした。常緑のヤマボウシを初めてみました。
国内の野生種のヤマボウシは落葉樹であるのに対して、この樹は秋に一部の葉を落葉しても、全て落ちることがないので常緑ヤマボウシと呼ばれています。
きれぎれの風採 「常緑ヤマボウシ」1-1

振興センターの一角に植栽されていました。
調べてみると常緑ヤマボウシと呼ばれているものは、「ヒマラヤヤマボウシ」と「ホンコンエンシス」の2つの品種に分かれるそうです。また、ホンコンエンシス種は、さらにいくつかに分類するとのこと。

ここの常緑ヤマボウシには「ホンコンエンシス」の名札がついていました。中国やヒマラヤの地域に分布するようです。
きれぎれの風採 「常緑ヤマボウシ」1-2

花(総苞片)は、通常のヤマボウシにとてもよく似ています。ただ、花の付け根が細いですね。
きれぎれの風採 「常緑ヤマボウシ」1-3

蕾の状態は全く異なります。ヤマボウシは緑色で細く小さな総苞片が最初から開いていますが、常緑ヤマボウシはチューリップ状態で大きくなります。
きれぎれの風採 「常緑ヤマボウシ」1-4

大きめの蕾を上から見ると、ほぼ形はできています。ここから、総苞片は白く、大きくなりながら開くようです。
きれぎれの風採 「常緑ヤマボウシ」1-5

葉も違いますね。楕円形で表面や縁が不規則に波打つのがミズキ科の葉の特徴だと思いますが、この葉は細長く表面・縁ともスッキリしていますし、厚みもあります。
きれぎれの風採 「常緑ヤマボウシ」1-6

こうやってみていると、常緑のヤマボウシということですが、日本の野生種とは、花の見た目以外は似ていないですね。個人的には、違う種類として考えた方がよいのではないかと思います。


*最後までお読みいただき、ありがとうございます。『きれぎれの風採』では、庭木(植木)や樹木・草花などについて綴っております。どうぞ、またご訪問ください。
スポンサーサイト

| 常緑低木 | 12:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/86-abd5dd95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT