きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シラハギ ~白い蝶形花(園芸種)

前回のヤマハギで取り上げた久喜市の『萩の径』では、シラハギも見ることができました。まだ咲き初めの状態です。白い萩は初めて見ます。〈散歩日:9月10日〉

シラハギ(白萩)は、マメ科ハギ属の落葉低木で、ミヤギノハギ(orニシキノハギ)の白花品種です。園芸種として用いられ、公園や庭園などに植栽されます。

草丈は2メートルほどになり、全体に絹状の伏毛があります。葉は互生し3出複葉で、小葉は長さ2~6センチの楕円形~長楕円形。先端がわずかにくぼみます。多少枝垂れて大きな株となります。別名:シロバナハギ。

1.『萩の径』は遊歩道(兼農道)に沿ってヤマハギ(多)やシラハギ(少)が1.5キロメートルに渡って約1300本植えられています
2~3.ミヤギノハギと同様、花柄が短いので枝に花がつく印象です
4.葉は3出複葉でやはり柄は短いです。葉先は少し凹んでます
5.枝先は蕾がたくさんついています。今頃は見頃?
「1」「2」「3」「4」「5」
「シラハギ ~白い蝶形花(園芸種)」


6.花序につく花数は、ヤマハギに比べると多そうです。真っ白なシラハギですが、画の左上の方にわずかに赤みを帯びている花があります
きれぎれの風彩 「シラハギ」1-6


園芸品種には、シラハギの中から紅紫の入ったものを品種改良し、紅白の花が咲く「染め分け」や「咲き分け」、「絞り」などもあるようです。

別ブログで取り上げましたが、シラハギを見た後、『萩の径』の近くで多数のシラサギ(ダイサギ)を見ました。シラハギ越しのシラサギ。一字違い。
スポンサーサイト

| 落葉低木 | 17:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ああ、私は「シロバナハギ」の名前で憶えています。
とても美しいので気に入っています。

| ディック | 2016/09/22 21:22 | URL | ≫ EDIT

白い萩

おはようございます。

白花のものはみたことあったかなぁ。
紅紫色のものの印象しか無いのです。
品種改良されたものですかね。


| 地理佐渡.. | 2016/09/23 06:28 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

本種を調べている時に、「シラハギ」と「シロバナハギ」で検索したところ、シロバナハギは園芸用(ポット名)に使われる事が多そうです。
キレイな白色ですね。汚れにくい?痛みにくい?のでしょうかね。

| 山ぼうし | 2016/09/23 19:14 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

ミヤギノハギが園芸種ということですので、品種改良からの品種改良でしょうか。
変種から改良していくという技術は、なんだか気が遠くなりそう。

| 山ぼうし | 2016/09/23 19:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/869-09fba134

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT