きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北本の『エドヒガン』2017

先週、北本市では一番大きなサクラとされている、北本自然観察公園の『エドヒガン』を見に行きました。やはり正面駐車場は満車でならんでおり、別の駐車場から入りました。普段この公園に来られない方もこの時とばかりに・・・。〈散歩日:4月2日〉

エドヒガン(江戸彼岸)は、バラ科サクラ属の落葉高木で、オオシマザクラやヤマザクラ、カンヒザクラ、マメザクラ等と並ぶサクラの原種(野生種)の一つ
和名の由来は、江戸で彼岸の頃に咲くことによります。

1.木道を進んでいくと、左手に見えてきます
2~3.近づいていくと、見上げるようになりますので、ちょっと残念
4.ほぼ満開の状態だったと思います。ラッキーでした
5.さらに先に行って、振り向いた光景です。位置的に逆光になってしまいます
「1」「2」「3」「4」「5」
「北本の『エドヒガン』2017」


6.一番下の枝でも位置が高いので花はズームで。萼筒が丸く膨らむのが特徴です
きれぎれの風彩 「北本のエドヒガン」2-6


北本のエドヒガンは樹高が29メートルで、樹齢は約200年とされています(市のWeb)。エドヒガンはサクラの中では長寿の種で樹齢1000~2000年の樹もあります。また、観賞用サクラの代表種であるソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの交配種で、シダレザクラもエドヒガン系がほとんどのようです。


ところで、中央区神田須田町の靖国通り沿い、老舗そば屋「まつや」の前にエドヒガンがあります。一昨日(6日)、近くの角打ち(加島屋酒店)に行く際に見ましたが、ほとんど花は散っていました。
このエドヒガンは地域のシンボルツリーになっており、大切にされているそうです。
(角打ちのママさん談)
スポンサーサイト

| 落葉高木 | 21:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

萼筒の膨らみの話ですが、新宿御苑でコヒガン(小彼岸)を見ていて気が付いて記事にしました。結局、エドヒガンも同じなのですね。
こいして拝見していると、花弁の幅がソメイヨシノよりやや狭い感じでしょうか。
ソメイヨシノの整った花のかたち(花弁が幅広)は、やはりオオシマザクラからもらったのだろうな、と感じます。
小石川植物園にもエドヒガンがありましたが、はるか上の方に咲いていて、花をアップで確認できませんでした。

| ディック | 2017/04/08 23:15 | URL | ≫ EDIT

原種(野生種)の一つ。

おはようございます。

こうした原種に近いあるいは原種
と言われるものが好きですねぇ。
草木・草花はより自然のものが。
地理佐渡はそちらが好みです。

それにしましても今年の春の天候は
安定感が無いような気がします。

| 地理佐渡.. | 2017/04/09 06:37 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

エドヒガンは長寿の樹が多いですね。「まつや」の前にエドヒガンがありましたか。それは知りませんでした。機会があれば見てみます。花期には行けそうもありませんけどね。

| 多摩NTの住人 | 2017/04/09 16:57 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

萼筒はやはり違いますよね。早めに咲くサクラは萼筒を確認したほうがいいかな~と思いました。
また、言われるように花弁の形はソメイヨシノと違いますね。画で見比べるとソメイは円形に近いです。

| 山ぼうし | 2017/04/10 23:27 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

原種や野生種は都市部にいると遠い存在のように思えて、よけいにありがたく思ったりします。
野に咲く花を野で見るのと、観賞用の品種を見るのとでは心持ちが違いますね~。

| 山ぼうし | 2017/04/10 23:28 | URL |

多摩NTさん こんばんは

1000年、2000年のエドヒガンを見てみたいものです。
「まつや」の前のエドヒガンは、それほど大きくはないのですが、姿勢が良く道路に挟まれていることもあって立派な一本桜に見えますよ。

| 山ぼうし | 2017/04/10 23:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/913-4ed9a2ef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT