きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラベンダー ~菖蒲町2017.6

前回のハナショウブを見た後、車をとめた久喜市の菖蒲総合支所前に戻ってラベンダー苑・堤、ラベンダー花壇を見てきました。〈散歩日:6月17日〉

ラベンダー(lavender)は、シソ科ラヴァンドラ属(ラベンダー属)の半木本性植物とか小低木(などの記載があるもの)の通称です。久喜市のWebサイトによると当所のラベンダーの見ごろは、6月中旬から下旬とのことです。

ここに来るのは久し振りです(4年振りの2度目です)。今回は花にボリューム感が足りないように見えます。・・・花のピークには少し早かったようです。
きれぎれの風彩 「ラベンダー」2-00


1~2.ラベンダー苑や堤には「グロッソ」という品種が植えられていますが、ほとんど蕾の状態でした。蜂も花を探すのに大変そう
3.透けた感が寂しいです (今頃は見頃になっているでしょう)
4.堤の内側(駐車場側)は大きい株です
5.堤の外側は4年前と変わっていました。新たに造成され小さな株が並びます
「1」「2」「3」「4」「5」
「ラベンダー ~菖蒲町2017.6(1)」


6~8.こちらは花壇の「ヒドコート」という品種で、開花した花が多かったです
9~10.若い株も順に大きくなるよう育てているようです
「6」「7」「8」「9」「10」
「ラベンダー ~菖蒲町2017.6(2)」


改めて4年前の日記をみると、その時は6月29日なので今回よりも時期的に遅く、開花した花が多いです。それに、大きな株の密度も違うように見えます。今は古株と新しい株の調整時期?入替中?なのかもしれません。

ちなみに、イベント会場ではラベンダーが練りこまれたそば・うどんが売られていて、食べてみたらラベンダーの香りがしました。 ※別ブログ
スポンサーサイト

| 常緑低木 | 11:50 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

ラベンダーグロッソでしたか。我が家では15年以上前に園芸店で150円くらいのポット苗を買って庭に植えましたが、今ではかなり大きく育っています。先日、花を収穫したところでした。

| 多摩NTの住人 | 2017/06/25 17:28 | URL | ≫ EDIT

ラベンダー

おはようございます。

こうしたところがあるのはありがたいですね。
ちょっとした花の名所。各地にあるものと思
いますが、一時期お客を集めるのに一役かい
ましょう。
長岡でしたら雪国植物園かなぁ。

| 地理佐渡.. | 2017/06/26 06:37 | URL | ≫ EDIT

ブルーのラベンダー・・・
北海道の富良野が有名ですね。
最近はいろんなところで見ることができます。

| 山小屋 | 2017/06/26 18:16 | URL | ≫ EDIT

多摩NTさん こんばんは

15年ですか、スゴイですね。もう草本にはみえず、立派な(?)低木ではないですか。花を収穫?そういう楽しみ方をするのですね。(園芸や花自体のことについては、まだまだ未熟者です。)

| 山ぼうし | 2017/06/26 22:08 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

「ちょっとした花の名所」、まさしくそんな感じです。
『雪国植物園』のことは知りませんが、ちょっと魅かれる名前ですね。

| 山ぼうし | 2017/06/26 22:09 | URL |

山小屋さん こんばんは

植物が観光目的なる。そのような所が増えていますよね。関東だとラベンダーは『たんばらラベンダーパーク』でしょうか。まだ、行ったこと無いですけど。

| 山ぼうし | 2017/06/26 22:09 | URL |

ひとくちにラヴェンダーといっても、とても種類が多いですね。
これだけの数があると、その数だけで相乗効果がありますが、家庭だと、いつまでも同じ株で咲かせているとどんどん伸びてだらしなくなります。
家庭では、ある程度まで育てたら、きっぱり諦めて新しく植え直した方がいいようにも感じます。
さまざまな種類があって、結構雰囲気が違いますね。
かみさんは先日子守に行った長女の家の庭のラヴェンダーが気に入って、品種を調べるように頼んでいるようです。

| ディック | 2017/06/27 21:06 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんにちは

ラベンダーのことを調べているときに、ある家庭では「少しずつ挿し木で株を更新している」という記載をみました。我が家にはありませんが、そういうものなのでしょうかね。
ここで、4年前には、花の先にウサギの耳のようなものが付いている種類がありましたが、今回は見ませんでした。合わなかったのかな?

| 山ぼうし | 2017/07/01 15:00 | URL |

山ぼうし さん、
兎の耳のようなものが付いている、というのはフレンチ・ラヴェンダーのことでしょうね。園芸では人気の品種だと思います。
園芸上「切り戻し」がよく行われますが、ハーブ類はそんなことでは追い着かない。
どんどん伸びてだらしなくなったら、見映えが著しく悪くなります。「少しずつ挿し木で株を更新している」というのはよい策ですね。
ハーブ類は、友人同士でよくあげたりもらったりしているのは、簡単に根付くからのようです。

| ディック | 2017/07/01 22:12 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

フレンチで人気者ですか~、カワイイですもんね。
なるほど、伸びすぎると大変そうですが、簡単に根付くのはイイですね。

| 山ぼうし | 2017/07/05 00:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/935-1469c390

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT