きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガマとヒメガマの葉の付き方

北本自然観察公園では、遊歩道からガマが、池にかかる橋からはヒメガマが見られます。これまでは目につく花穂について見ていましたが、今回茎を見ていたら葉の付き方に違いがあるように見えました。〈散歩日:6月4日、18日〉

ガマが生長し草丈は私の身長を超えていました。この高さでも「よく支えられるものだな~」と茎を見たのがきっかけでした。 

▼以下の1~4は6月4日です。
*『葉鞘(ようしょう)』は葉の基部が鞘状になり茎を包む部分のことです。

1.ガマの茎・葉:葉は下の方が密で、上になるほど間隔が空きます。葉鞘が巻かれて切れる部分が四角で段々になっているのが面白いです。(ということは)葉は茎を挟んで両サイドにつきます(上から見たら放射状や十字ではなく一直線になる)。
きれぎれの風彩 ガマとヒメガマの葉-1

2.1のトリミング
きれぎれの風彩 ガマとヒメガマの葉-2


3.ヒメガマの茎・葉:全ての葉が茎の下部に密に付いています。葉鞘は四角ではなく円くなっています(ガマが「いかり肩」だとすると「なで肩」です)。葉はガマよりも幅が細く扇のように開きます(こちらも上から見たら一直線)。
きれぎれの風彩 ガマとヒメガマの葉-3

4.3のトリミング
きれぎれの風彩 ガマとヒメガマの葉-4


▼2週間後の6月18日です。草丈はさらに伸びていました。
5~6.遊歩道から見るガマの様子です。花穂の上側の雄花穂は終わりかけで、下側の雌花穂が大きくなっていました。
きれぎれの風彩 ガマとヒメガマの葉-5

きれぎれの風彩 ガマとヒメガマの葉-6


7~8.八ツ橋から見るヒメガマの様子です。こちらも良く育っています。花穂はまだです(花期はガマの方が早いです)。ヒメガマは雌花穂と雄花穂が離れています(ガマは間に隙間はありません)ので、花期以降はすぐ判ります。
きれぎれの風彩 ガマとヒメガマの葉-7

きれぎれの風彩 ガマとヒメガマの葉-8


※葉鞘の記述などは、目の前のガマとヒメガマを見た感想ですので、他所に生育するガマ・ヒメガマの全てが同じなのかどうかは分かりません。

※参考 
 ガマ ~花穂の経過、綿毛
 ヒメガマ(ガマ)~上下に雌花穂と雄花穂
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

ガマの葉を良く観察されましたね。私はそこまで見ていませんでした。とても勉強になりました。

| 多摩NTの住人 | 2017/06/29 08:26 | URL | ≫ EDIT

ガマとヒメガマの違い・・・
よく観察されています。
ガマは穂ばかりみているので、茎にこんな細工が
あるとは知りませんでした。

| 山小屋 | 2017/06/29 16:45 | URL | ≫ EDIT

へぇー、なるほど。
よい勉強になりました。
これからは下のほうもよく注意して観察します。

| ディック | 2017/06/29 22:24 | URL | ≫ EDIT

ガマとヒメガマ

おはようございます。

気にもしていませんでした。
ガマにも種類があるんですねぇ。
葉の付き方を比べる。
花はどうなのでしょう。これか
らが気になりますね。

さて、今朝は優しく雨の降る
長岡です。ある意味恵みの雨です。

| 地理佐渡.. | 2017/06/30 06:46 | URL | ≫ EDIT

ヒメガマは、昨日本牧市民公園の池(三渓園との境)で観察し、写真を撮りましたが、この記事を先に見ていればおもしろかったのに…、と思います。

| ディック | 2017/06/30 20:45 | URL | ≫ EDIT

多摩さん、山小屋さん、ディックさん、地理佐渡さん

こんにちは。
これまでガマの仲間は、花穂ばかり見ていましたが、当園の遊歩道から見るガマは、それほどレベル差が無いので茎を目の前で見られたのです。丈夫な茎を見ようと思ったこと、目の前で見られたこと、見たら面白かったこと、たまたまですね。

| 山ぼうし | 2017/07/01 15:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/936-f8231c1e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT