きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベニバナ ~ベニバナ畑・花・総苞

初めてベニバナを見たのは2年前です。桶川市のベニバナ畑(べに花つみとり園)で黄色やオレンジなどの多数の花が咲いている光景には目を見張りました。
先月、北本自然観察公園に行くときに桶川市の「べに花まつり」の幟を見かけたので、その帰りにベニバナ畑に立ち寄りました。〈散歩日:6月18日〉

ベニバナ(紅花)は、キク科ベニバナ属の一年草または越年草で、古くから紅色染料の原料として(近年は食用油用にも)栽培されています。特に山形県最上地方や埼玉県桶川市周辺では盛んに栽培されています。

草丈は1メートルほどになるようですが、当日見たのは60~70センチほど。
ベニバナ畑(べに花つみとり園)の光景です。(季節柄、2年前も曇天でした)
きれぎれの風彩 「ベニバナ」2-1

きれぎれの風彩 「ベニバナ」2-2


ベニバナの花色は、最初鮮やかな黄色で、次第にオレンジ色~紅色に変わります
枝先に筒状花・管状花がたくさん集まった頭状花序(径3~4センチ)をつけます。
きれぎれの風彩 「ベニバナ」2-3

きれぎれの風彩 「ベニバナ」2-4


総苞(花のすぐ下の、萼みたいなものが重なっている丸い部分)が玉ねぎのような形で独特です。総苞片の縁には鋭いトゲが疎らにつきます
トゲはとても鋭く硬いため、花摘みは(花弁を収穫するのは)朝露でまだトゲが柔らかい早朝のうちに行われているそうです。

↓この画は2年前のものですが、筒状花と総苞片のトゲの様子が分かるので。
きれぎれの風彩 「ベニバナ」2-5


ベニバナ畑(べに花つみとり園)にある案内板です。大切にされているようです。
きれぎれの風彩 「ベニバナ」2-6

『べに花の郷 桶川市へ』
~江戸時代、桶川市域を中心に栽培されていた紅花は「桶川臙脂(おけがわえんじ)」の名で、全国的に知られていました。その紅花をシンボルに、個性あるまちづくりをするため、桶川市は「べに花の郷 桶川市」の夢を託し、市民の皆さまと共に大切に育てていきたいと思います。~
桶川市べに花の郷づくり推進協議会、桶川市

(明日から2泊3日で出張です。また間が空きそうです)
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ベニバナ

ウォーキングで桶川を歩いたことがあります。
その時、桶川がベニバナの産地だということを
初めて知りました。
江戸に運んで染料として使われていたようです。

| 山小屋 | 2017/07/05 06:02 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

これは素晴らしい眺めですね。実際に見てみたいものです。

| 多摩NTの住人 | 2017/07/05 08:12 | URL | ≫ EDIT

今年は2個所で見て撮影しています。
初めて見ることができました。
でも、サンプルが少ないので、通わないと色が変わっていく様子を見ることができません。
これだけあれば、色変わりの途中の適当な花をよりどりみどり。
すごい景色ですねぇ。

| ディック | 2017/07/08 22:53 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんばんは

桶川でウォーキングですか。宿場町で歴史を感じる所もありますね。
テレビ番組でベニバナを使った染物をみました。キレイな色です。

| 山ぼうし | 2017/07/09 22:35 | URL |

多摩NTさん こんばんは

ベニバナ畑が見られるのは山形県とここだけかもしれないですね。
何かの機会に是非。

| 山ぼうし | 2017/07/09 22:36 | URL |

ディックさん こんばんは

花摘みが行われていたので、持ち帰れば花の色が変わっていく様子が見られるかな~とも思ったのですが、あまり切り花を飾ることがないので止めました。
ベニバナ畑は花色が様々でキレイなのですが、どのように撮ったらよいのか難しいです。さらに曇天なので困ります。

| 山ぼうし | 2017/07/09 22:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/938-adb62f7f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT