きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バラ ~多種多様な園芸品種

所謂「バラ」というのは、花がハデでトゲがあって、どちらかというと女性が好む花で、私とは無関係…と思っていたのですが、バラも樹木なんですね(あたりまえですけど)。それに、桜や梅、梨やリンゴもバラ科ですし。

それなら、とバラ園で有名な「伊奈町町制施行記念公園」通称「伊奈公園」に行った際に、約300種4500株もあるというバラ園ものぞいてみました。
行った日は6月20日ですが、バラ園の有料期間(5月14日~6月13日)は、既に終わっていました。つまり、見頃は終わったということですよね。

確かに、見渡すと花が終わっているバラが多かったです。でも、まだ花は残っていますし、人も少ないので歩きやすかったですね。

《ダブルデライド》
きれぎれの風採 「バラ」1-1

《ゴールデンフラッシュ》
きれぎれの風採 「バラ」1-2

《アシュラム》
きれぎれの風採 「バラ」1-3

《恋心》
きれぎれの風採 「バラ」1-4

バラ(薔薇)とは、バラ科バラ属の種の総称です。バラ属の植物は、灌木、低木、または木本性のつる植物で、葉や茎に棘があるものが多いそうです。

葉は奇数羽状複葉です。奇数羽状複葉といえば、前回「ナナカマド」でも書きました。奇遇?・・・ナナカマドもバラ科でした。

身近に無いバラなので、常緑なのか?落葉なのか?Webで調べても分からないので、図書館に本を返すついでに調べてきました。すると、「落葉または常緑低木」だそうです。さすが!?園芸品種が中心なだけのことはありますね。(カテゴリーや一覧…どうしよう。)

バラは、紀元前1500年頃から栽培されていたといわれるほど人とのかかわりが長く、これまでつくられた品種は3万ともいわれる。実際に栽培されているのは400品種ほどというが…十分に多いと思う。
また、ハイブリッドティー系とかフロリバンダ系とか・・・こういうのは危ないです。一歩前に進むと大変です(個人的な偏見ですけどね)。なので、この辺にしたいと思います。

ところで、バラ園ではスッキリとしたバラを見つけました。これまで、バラは「ハデな八重」というイメージでしたが、このような一重のバラもあるのですね。私にとっては新鮮な発見でした。

《カクテル》
きれぎれの風採 「バラ」1-5
きれぎれの風採 「バラ」1-6

*最後までお読みいただき、ありがとうございます。『きれぎれの風採』では、庭木(植木)や樹木・草花などについて綴っております。どうぞ、またご訪問ください。
スポンサーサイト

| 他の木元 | 17:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/94-9836ac0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT