FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルプの里.7 キンロバイ

ロックガーデンの上の方で、黄色い花をつけた丈の低い樹が斜面を覆っていました。初めて見る光景です。〈散歩日:8月14日『アルプの里』〉

キンロバイ(金露梅)はバラ科キンロバイ属(キジムシロ属)の落葉小低木で、北海道や本州、四国の亜高山帯から高山帯に分布し岩礫地(がんれきち)に生育します。
・花期は6~8月。樹高は50~100センチで、よく分枝する
・葉は互生し、3小葉~5小葉の奇数羽状複葉で、小葉の長さは1~2センチ
・花は黄色で径は約2センチ。花弁は5枚でほぼ円形

斜面に群がって生えている(叢生する)感じで、黄色い花を多数つけているので、人目を引きます。(2番目の画はトリミング)
きれぎれの風彩 「キンロバイ」1-1

きれぎれの風彩 「キンロバイ」1-2


自生地(高山地)では低く這うように育ちますが、耐暑性があり庭園樹としても利用されており、樹高は1メートルくらいになるとの記載もありました。
きれぎれの風彩 「キンロバイ」1-3

円い花弁です。曇天に黄色の花はボケました。
きれぎれの風彩 「キンロバイ」1-4

葉の様子だけを見ると、サツキの雰囲気に似ているかな(?)とも思いました。
きれぎれの風彩 「キンロバイ」1-5


金露梅の名前は、花が黄色で梅の花に似ていることによります。
キンロバイには、中部地方以西で白花タイプもあり、ギンロバイあるいはハクロバイと呼ばれるそうです(もちろん未見です)。
スポンサーサイト

| 落葉低木 | 23:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

手元に6月9日に小石川植物園で撮影した写真があります。よく撮れているのですが、きちんと調べる時間がなくて…、そのまま放置していました。
難点は、小石川植物園で植えている場所は陽射しが強すぎて、葉焼けを起こしているのです。
でも強い植物のようですね。花期もかなり長く、3ヶ月くらい次々と花を咲かせていました。

| ディック | 2017/09/17 20:06 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

私のコンデジだと、曇天は辛いですね~。
キンロバイは盆栽でもあるそうなので、けっこう流通しているのでしょうかね。

| 山ぼうし | 2017/09/18 19:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/956-8452b79d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT