FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルプの里.8 メアカンキンバイ

前回のキンロバイに似ている5弁の黄色い花が、ロックガーデンの一画にありました。こちらは木本ではなく草本のようです。〈散歩日:8月14日『アルプの里』〉

メアカンキンバイ(雌阿寒金梅)は、バラ科タテヤマキンバイ属(←キジムシロ属)の多年草です。北海道固有種で阿寒山系や大雪・知床山系、羊蹄山などに分布し、高山の礫地に生育します。レッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)。
・花期は7~8月。草丈は3~10センチで地面を這うように広がる
・葉は3出複葉。複葉の長さは3~5センチ。小葉の先端が3つに裂ける
・茎先に径15ミリ弱の黄色い花を数個つける。花弁、萼片、副萼片とも5個

北海道の高山育ちということで、当地では生育の仕方が少し違うのかもしれません。画像検索すると当地のは花茎がひょろっと長いような気がします。
きれぎれの風彩 「メアカンキンバイ」1-1

黄色い5枚の花弁は、幅広のしゃもじのような形で、基部が細いので隙間が空き、萼が星形になって見えます。シベは多数。蕾は副萼片が目立ち三蔵法師の頭巾のよう
きれぎれの風彩 「メアカンキンバイ」1-2

3出複葉の葉が可愛い感じです。小葉の先端が裂けているのも特徴的です。葉の色は薄い緑色?つや消しのような緑色?(記載では灰色がかった緑色と)
きれぎれの風彩 「メアカンキンバイ」1-3

当地の名札です。これがなければ同定は難しいと思います。
きれぎれの風彩 「メアカンキンバイ」1-4

名前は黄色い花で梅の花に似ていることと雌阿寒岳で標本が採集されたことにより、牧野富太郎が命名したそうです。

和名を知るまでメ・アカン?メア・カン?何?と思っていました。また、阿寒岳の名前は知っていましたが、阿寒岳に雌阿寒岳や雄阿寒岳があること。雌阿寒岳の方が雄阿寒岳よりも標高が高い…ということをついでに知りました。

スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アルプの里にはいろんな高山植物が咲いていますね。
コマクサなどもあったのではないでしょうか?
ここで初めて「アクマノツメ」という花を見ました。
確かにツメのような花でしたが、もう終わっていましたか?

メアカンキンバイ・・・
ガクが星型に見えるというのも納得です。
シコタンハコベもあったような気がします。

| 山小屋 | 2017/09/18 06:46 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんばんは

コマクサは終わっていましたよ~。
アクマノツメは気づきませんでした。
調べてみると6月~7月でしょうか。
ん~やはり他の時期にも行ってみないと・・・。

| 山ぼうし | 2017/09/18 19:13 | URL |

キンロバイは見たことがありましたが、こちらは名前すら知りませんでした。
「目赤」かと思ったら、「雌阿寒」ですか。小石川植物園などだと、暑い地方の花は植えられていたりするけれど、北海道など寒いところの植物は無理。
いろいろとめずらしい植物が見られて、よいところですね。

| ディック | 2017/09/20 18:05 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんにちは

まさか「メアカン」という単語があるとは知らなかったので、
「メアカ」と勘違いして、調べるのに時間がかかりました。
珍しいものを幾つか知っていれば、玄人っぽく見えるかな~と(笑)。

| 山ぼうし | 2017/09/21 12:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/957-4258afd4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT