きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒノキ→サワラ→クロベ→役場

I公園の通路に沿って並んでいる樹木の中で、数本だけ針葉樹がありました。樹高は4~7メートルほど。
危うく通り過ぎるところでしたが、若木で目線に緑の実(球果)がついていたので立ち止まりました。

一見、葉の形は『ヒノキ』でした。たぶんほとんどの方がそう判断すると思います。ただ、葉が込み入っているように思いましたし、球果が小さいような気がしました。とはいえ、まったく自信はありません。

そこで、確認のため手元の本で調べてみましたら、ヒノキによく似た『サワラ』という樹があり、公園や庭に植えられているとありました。

見た目の違いとしては、ヒノキは葉の裏に白いY字形の模様があり、サワラは葉の裏にX字に似ている模様があるとのこと。
ここの葉の裏を見ると、まったくY字には見えません。かといってX字にも見えませんが、若い葉だから?と思いました。

I公園には、(葉の裏Y字の)ヒノキが見あたらなかったので、別の公園でさがしたところ、確かに葉の裏に白いY字形の模様(ヒノキ)がありました。

ということは、I公園にあったのは、サワラであろうと思ったわけです。そこで、サワラの日記を書こうと思い、再度Webでも調べてみると・・・何か違うのです。

サワラは「ヒノキのように鱗片状の小さな葉がつくが、一枚一枚の先端が尖っている」・・・私が見た葉は、尖っていないのです。X字形に見えるという白い気孔帯の形もハッキリしませんし。

改めてヒノキの仲間を調べてみると、いくつかの種類(属)があるのですね。その中で、ヒノキ科クロベ属(ネズコ属)に『クロベ(ネズコとも)』という樹があるのです。

そして、この葉が似ているのです。葉先も、葉の裏の目立たない気孔帯の形も…。
では、ネズコということにしよう!と思ったのですが、まだまだ素人の私のこと、別の品種ということも・・・!?

そこで、ダメもとで、公園を管理する(であろう)I町の役場に聞いてみることにしました。

先日の昼休み、午後12:30頃電話しました。
代表電話で要件を伝えると、公園緑地何とか係にまわされました。公園の樹木の名前を知りたいと聞くと、「どの辺りですか?」と担当のSさん。説明すると「調べて折り返します」となりました。

13:17連絡がきました。Sさん「△△にある○○ですか?」、いいえ、その反対側の針葉樹ですよ!「ちょっと待ってください、今、現地にきているので移動します…(場所の確認)…あ~これですね、これは…え~っと、すみません。確認してからまた電話します。遅くなっても今日中に連絡しますから!」

分からないのか~資料の管理がなってないな!と思いつつも・・・驚いた!Sさん、現地に行っているのです。こんな個人的な要件に対して(しかも、住民でもないのに)、熱心に対応してくれている。恐縮しました。

連絡はすぐにきました(10分後)。Sさん「近くの造園業者で教えてもらいました。『ニオイヒバ』というそうです。現地まできたのに、すぐに答えられなくてすみませんでした。」

ニオイヒバなんだ!・・・それよりも、現地に行き、さらに造園業者で聞き…公園緑地何とか係の仕事なのかもしれないけど…私は何度もお礼を言った。Sさんありがとうございました。

さて、やっと判明した『ニオイヒバ』についての日記は、・・・また今度。
(ニオイヒバは、クロベと同じクロベ属で、クロベと似ています。)
スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/96-33422b14

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT