FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルプの里.11 アポイギキョウ

ロックガーデンにキキョウの花によく似た花が咲いていました。しかし、キキョウならあえてココにいる必要はないのではないかと思いつつ名札を見ると、アポイギキョウというキキョウでした。アポイって?〈散歩日:8月14日『アルプの里』〉

キキョウ(桔梗)はキキョウ科キキョウ属の多年草で、北海道~九州まで日当たりの良い草原に生育します。草丈は1メートルを超えます。花冠は5裂する

アポイギキョウは北海道のアポイ岳などに自生する草丈の低いキキョウのことで、矮性種(小型タイプ)の代表品種。草丈は20センチ前後。
・丈は低いが、花の大きさは通常タイプと同程度で径5センチほど
・葉は互生し、狭卵形で先がとがる。鋭い鋸歯がある
きれぎれの風彩 「アポイギキョウ」1-1

きれぎれの風彩 「アポイギキョウ」1-2

きれぎれの風彩 「アポイギキョウ」1-3

アポイギキョウは小型で花の大きさもあって、園芸種としても流通しており、鉢植えやロックガーデンにおすすめのようです。

名前の由来になっているアポイ岳ですが、調べついでに特異的な生態系が見られる地域ということを知りましたのでメモしておきます。

〈アポイ岳ジオパークのWebより〉
アポイ岳は、810mという低標高にもかかわらず約80種の高山植物が生育し、しかも亜種・変種・品種を含む固有種は20種近くに及び、これほど固有種が集中する地域は世界的に見てもきわめてまれといわれています。
これほど特異な生態系がある背景には、かんらん岩による地質、気象、地史が影響しており、これらの高山植物相は「アポイ岳高山植物群落」として1952年に国の特別天然記念物に指定されている。


ところで、通常のキキョウは名前が知られていますし流通しているので「よく見られるもの」と勘違いしそうですが(私のことです)、レッドデータでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)で、全国のほとんどの都道府県で絶滅危惧種に指定されています。

スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:43 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ああ、確かに背が低いですね。
わが家でも咲いているのは地面に近かったけれど、それは台風で倒れたからでした。
山ぼうし さんは、高知の植物にどんどん詳しくなっていきますね。

| ディック | 2017/09/21 22:50 | URL | ≫ EDIT

一般に標高が高いところの植物は背丈が低いです。
1年中強い風に吹かれたり、冬の厳しい雪に耐えたりと
厳しい環境で生きているからのようです。
それでも雪が解けるとかわいい花を咲かせてくれます。
まもなく高山も冬支度です。

| 山小屋 | 2017/09/22 06:17 | URL | ≫ EDIT

アポイギキョウ

おはようございます。

アポイ岳。行ってみたいものです。
アポイの名は不思議で、印象的です。
それだけに名を知っていたのでしょう。
彼の地に行くと自生しているものを
見られましょうか。
北海道の山。あこがれますねぇ。

| 地理佐渡.. | 2017/09/23 07:53 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

草丈が低く花がそのまま。
通常タイプのバランスを何となく覚えているので頭でっかちに見えました。

| 山ぼうし | 2017/09/23 17:37 | URL |

山小屋さん こんばんは

高山性の植物の特徴なのですね。
その中でアポイギキョウの花のサイズは大きいのでは。

| 山ぼうし | 2017/09/23 17:37 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

私は知りませんでしたが、アポイ岳は糸魚川と同じで日本だけでなくユネスコ世界ジオパークにも認定されているのですね。
興味をひかれます。

| 山ぼうし | 2017/09/23 17:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/960-f0ab4330

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT