FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルプの里.13 アサギリソウ、ベンケイソウ

散歩から日数が経ちましたが、折角の機会でしたし今後のこともありますので、遅ればせながら記録しておきます。今回は、初めて見るシルバーリーフのアサギリソウと葉が肉質なベンケイソウの仲間です。〈散歩日:8月14日『アルプの里』〉

アサギリソウ(朝霧草)
キク科ヨモギ属の耐寒性多年草(冬期落葉種)で、ロシアのサハリン原産。北陸以北~北海道、樺太などに分布し、岩場に生育します。草丈は20~30センチ。
全体的に短い白い毛で覆われ、銀緑色の葉が美しいことから、園芸では花よりも草姿や風情を楽しむ植物として用いられているようです。

驚きました。深く細かく切れ込んだ葉は、とても密で柔らかな質感でキレイでした。(でも、そんな風には撮れてないようです)
きれぎれの風彩 アサギリソウ0814-1

きれぎれの風彩 アサギリソウ0814-2

きれぎれの風彩 アサギリソウ0814-3



ベンケイソウ(弁慶草)
ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属の多年草です。北海道~本州中部にかけて分布し、高山の岩場や砂礫地に生育します。草丈は30~80センチ。
葉は多肉質の緑白色で楕円形、鈍鋸歯があります。 花は7~10月頃に、淡紅紫色の房状集散花序がまとまってつきます。

名札が見当たらなかったのですが、たぶんベンケイソウだと思います。最後の画はオオベンケイソウの名札があり、サイズも大きかったです。どちらも蕾の状態ですが、丸くなった形と淡い色がキレイに見えました。
きれぎれの風彩 ベンケイソウ0814-1

きれぎれの風彩 ベンケイソウ0814-2

きれぎれの風彩 ベンケイソウ0814-3

ベンケイソウは、古名を伊岐久佐(いきくさ)といい、漢字では「活草」とも書き、枯れない強い草という意味が込められています。後に、その強さを武蔵坊弁慶に例えて名前がついたと云われています。

スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 21:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アサギリソウ

繊細で綺麗です。
観葉植物の感じがします。
花が無いほうがきれな感じさえしました。

ベンケイソウまとまって綺麗に展開してます・
めずらしい植物拝見できました。

| ころん | 2017/10/09 12:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/963-3e04f194

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT