きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルプの里.14 ヘメロカリス、その他

今回で「アルプの里」編は最後です。〈散歩日:8月14日『アルプの里』〉

湿生花園(あやめヶ池周囲)や林床植物園などで、ノカンゾウやキスゲのような花が見られました(花色は異なりますが)。ヘメロカリスという名前でした。

ヘメロカリスは、ススキノキ科(ワスレグサ科)ワスレグサ属(ヘメロカリス属)の多年草です。初めて聞く名前ですが、調べてみると、日本や中国原産のユウスゲやカンゾウ類を元として品種改良されてできた園芸種を、一般にヘメロカリスと呼ぶとのこと(広い意味ではヘメロカリス属に分類されるすべての植物を指します)。

1~3.華やかな花に見え、最初は違和感を覚えましたが、一回りした後は、また見たいと思いました。野草の中での一服の清涼剤のような(上手く言えませんけど)。
ヘメロカリスは花が1日しかもたないことから「デイリリー」の別名があります。
4~5.シモツケソウの花後だと思います(違うかも)。茎が赤く、実もさらに赤くなりそうです。葉は掌状です。
「1」「2」「3」「4」「5」
「アルプの里 その他(1)」


6~7.ヨツバヒヨドリは、フジバカマの仲間ということで名前は知っていましたが初めて見ます。葉が4枚輪生状につきます。
8.ハクチョウソウ(ガウラ)も初めてですが、間近に見ることができず残念
9.ギボウシの仲間です。よく育っています
10.ピンクの小さい花をつけていました。不明です
「6」「7」「8」「9」「10」
「アルプの里 その他(2)」

「アルプの里」編はもっと短期間で取り上げたかったのですが、ここ2週間は仕事で遅くなり時間が取れず、もうすぐ2ヶ月という所まで延びてしまいました。
初めて見る種類が多かった「アルプの里」には、また機会があれば再訪したいと思います。
スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 23:24 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

へメロカリスの仲間はたくさんあります。
最初の花はシナカンゾウと呼んでいます。
ノカンゾウに似ていますが、花の色が違います。

最後の花はスベリヒユの仲間ではないでしょうか?
園芸種ではポーチュラカという名前で出回っています。

| 山小屋 | 2017/10/10 06:27 | URL | ≫ EDIT

ヘメロカリス

おはようございます。

名は聞きますけど、その都度忘れてしまいます(笑)。
ヨツバヒヨドリ。こちらでも季節外れのものが咲い
ていたりします。また、サワヒヨドリもかろうじて見
られます。

| 地理佐渡.. | 2017/10/10 06:47 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

たくさんの花が見られたのですね。名前がわからないのはモヤモヤしますが、いろいろ調べてわかった時は嬉しいものですね。

| 多摩NTの住人 | 2017/10/10 07:50 | URL | ≫ EDIT

「ヘメロカリス」とか「リコリス」もそうですが、属名を原語のまま利用して大きくひとまとめにするのは、昨今のようにさまざまな園芸種が登場する現状では、仕方がないのかな、とも思いますが、一方で、なんだか安易だなあ、という気もします。
ガウラ(ハクチョウソウ)は初めてですか? 正式和名はヤマモモソウなのですが、最近は誰もそう呼ばない。園芸種化して、横浜の住宅地ではよく見かけます。白のほか、ビンクもよく見かけるようになってきました。
シモツケはよく見るのですが、「シモツケソウ」となると、私は多分見たことがないと思います。憶えたいです。葉の形状がシモツケとは違う、ということですね。

| ディック | 2017/10/10 21:44 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんばんは

シナカンゾウということは中国原産ですかね。
初めて聞くヘメロカリスという語感にまだ慣れません。
日本語でヘメロって無いですよね~。

| 山ぼうし | 2017/10/12 23:47 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

日本語での意味がつかめないのは覚えにくいです。
ヒヨドリ系、貴ブログでは時々拝見していると思います。
サワヒヨドリもまだ見てないです~。

| 山ぼうし | 2017/10/12 23:48 | URL |

多摩NTさん こんばんは

実際はもっ多いと多数の種類がありましたが、時間の限りもありますし、今の私の目にとまったモノですね。再訪したらまた違う種が気になるものですよね。

| 山ぼうし | 2017/10/12 23:48 | URL |

ディックさん こんばんは

“原語をそのまま”というのが私にはとても分かり難いですね。今のところ園芸の花とかをあまり見ていないのでよけいに・・・。なのでガウラも分からないです。目に入ってないのかも知れません。
シモツケソウは名札がなかったので、同定まで時間がかかりました~。

| 山ぼうし | 2017/10/12 23:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/964-171365e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT